ディズニーで学ぶ世界の言葉

ディズニーで学ぶ世界の言葉

「アリデベルチ」という言葉をご存じですか?
私がこの言葉を知ったのは、先日訪れたディズニーシーで”ヴェネツィアン・ゴンドラ”に乗った時のことです。

 

ヴェネツィアン・ゴンドラは、船に乗って運河をゆったりと船旅をするアトラクションです。

乗船中はすれ違うゴンドラや道行く人たちと気軽に「チャオ!」と挨拶をします。
「チャオ」はイタリア語の挨拶。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
私も「チャオ」という言葉は知っていましたが、それがイタリア語ということは知りませんでした。

ディズニーシーの景観を水の上から楽しんでいると、本当に異国の地に来たような感覚になります。
道行く人も笑顔で「チャオ!」と返してくれてとてもうれしい気持ちになりました!

船から降りる際にはお別れの言葉、「さようなら」「またね」という意味の「アリデベルチ」の挨拶で終わります。
アリデベルチは聞いたこともなかったので初めて知った私は、ディズニーで世界の言葉を学ぶことも出来るのだと新たな発見が出来ました!

エリアごとに様々な国がコンセプトとなっているので、各国の挨拶について改めて調べてみようと思っています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。