吹奏楽部の思い出

吹奏楽部の思い出

皆さんこんにちは!Kです。



先日、家の周りを探索していると、どこかの学校から吹奏楽部が練習をしている音が聞こえてきました。

その時、私の大学時代の思い出がふあ~っと蘇ってきました。


私は大学から吹奏楽を始め、小学校の時マーチングバンドでやったことがあるから、という理由でトロンボーンを選択したのですが、最初は本当にボロッボロでした。まず、渡された楽譜が全く読めず、先輩から渡された音階表と照らし合わせて必死に解読していました。



また、音もろくに出ず、初めの2~3ヵ月くらいはスライドだけ動かして吹いているふりをしていました。


それでも先輩や友達の力を借り、自主練を繰り返して、どうにか自信を持って合奏に参加できるようになりました。


大変なこともたくさんあったけれど、吹奏楽部のメンバーと合奏したり、他愛ないおしゃべりをしたり、ご飯に行ったり、遊びに行ったりと、楽しいこともたくさんあったので、あの時思い切って入部して良かったなと改めて思いました。